Weblioは中上級者にオススメ辞書!専門用語に強く、単なる英和和英辞典を遥かに超えたサービス

アルクの英辞郎と並び、圧倒的な高性能を誇るweblio。

私の個人的ランキングでは英辞郎とweblioは1位です。

 

どちらかというと英辞郎を使うことが最近は多いのですが、それでもweblioも使う理由は、weblioには英辞郎にない機能を備えているからです!

今回はweblioにはどのような良い点、そして悪い点があるのか、TOEIC満点であり、実際のユーザーである私が正直に評価をしていこうと思います!

 

良い点

掲載単語数が多い!

まずは辞書の基本。調べた単語がちゃんと調べたら載っているというのは素晴らしいですね!

簡単な単語はもちろんのこと、難しい単語から専門用語まで、他の辞書に比べると多く載っています

weblioに載ってないなら私はなんでも答えてくれるgoogleに聞きますので、私にとって辞書の中では掲載単語数は一番かな、と信頼してます。

 

説明が多い

単語の意味だけでなく使い方が載っていたり、1つの単語にたくさんの意味がある場合は、それぞれ分けて例が載っているのでとても便利です。

アルクの英辞郎ではこの点は使いづらく、確かに英辞郎にもたくさん例はあるんですが分類されてません。なのでただデータが並んでるだけなんですね。

その点weblioは意味ごとに例を書いているんで、とてもわかりやすいです。

 

 

リンクが多い

オンライン辞書に慣れていない人は「リンクが多い辞書」というのはピンと来ないかもしれません。

一言で言えば、weblio内で単語をクリックすると、その単語の定義のページに飛んでくれるんですね。

 

例えばABABという単語が書いてあるとすると、そのABABという文字をクリックするとその単語のページに飛べるんです。

 

なので単語の使用例を見ていて、その中に知らない単語が出できた場合、その単語をクリックするだけで定義を見ることができるんです。

 

 

共起表現検索

これも聞きなれない方が多いかと思いますが、実はものすごく便利でアルクの英辞郎では有料で提供しているようなシステムです。

簡単にいえば、ある単語と一緒に使われるのはどんな単語なのかを調べてくれますコロケーションとも言われますね。

 

例えば、researchという単語の使い方を知りたいとします。

その場合はresearchで検索すれば、その前後でどのような単語が使われるかがわかります。

日本語では「研究する」って言いますが、英語ではそのまま「する=do」でいいのかな?ほかに使える動詞はないのかな?「〜についての研究」っていうときは前置詞はなんだろう?

と思った時に、一緒に使える様々な単語を教えてくれるのがこの機能です。

特にライティングの時には重宝する機能ですね!

 

 

類語検索

類語というの言葉も、もしかしたら聞きなれないかもしれませんが、類語=似ている単語という意味です。

これもまたライティングのときに大活躍します!

例えば、同じ単語を何度も同じ文章で使うのはライティングの質的に問題です。

同じ単語を繰り返すと、「こいつは同じ単語しか使えないんだな…」と思われ、簡単に言えば頭が悪く見えます。

 

別の単語を使うとカッコいいんですが、似ている単語がわからない…

そんな時、類語検索機能が役に立ちます!

 

単語を入力するだけで、それに似ている言葉をたくさん教えてくれるんですね。

 

例えばtransferという単語を入れるとweblioではかなり多くの類義語を教えてくれます。transport, remove, change, channel, transplant, shift, reassignなどなど。

 

類語辞典を使いこなせるようになると、ライティングの質もレベルアップしますよ!

 

 

様々な専門用語集の定義

専門用語のデータとリンクされているのか、専門用語がかなり多く載っています。

定義も専門用語で訳されているので、専門用語を調べるときにはとても便利です。

 

 

音声

いまでは当たり前になりつつありますが、単語の音声を聞けるところもweblioのいいところです!

全てではないかもしれませんが、ほとんどの単語に音声がついているようです。

 

 

単語帳

weblio最大の強みとも言えるのがこの単語帳機能。

調べた単語をワンクリックで単語帳に登録できてしまいます。

そしてその単語帳はケータイに送ったり印刷したりすることができます!

うまくやればエクセルデータにもできそうですが…まだ試したことがありません。

 

とにかく、自分が調べた単語をほぼ自動的に単語帳に入れられるのは素晴らしいですね!

自分オリジナルの単語帳を作って、勉強に使ってみてください!

 

 

 

悪い点

こんなにいいとこがたくさんあるweblioですが、やはり欠点もあります。

 

ごちゃごちゃしている

見た目が非常にごちゃごちゃしています。

大きな理由は広告です。

weblioの広告の最大の欠点は、広告が本文中に入っていることです。

横にあるだけならいいんですが、本文の間にあったりするんですね。

何かじっくり読むような場合はいいんですが、サクッと意味だけ調べたい時にはすごく邪魔なんですね。

 

 

中途半端な説明

最後に定義などが中途半端に長いこともダメな理由です。

別に普通の辞書なら定義とかが長くても問題ありませんよね。

ですが先ほどから言っているように、weblioはかなりごちゃごちゃしてます。

広告があり、単語帳登録ボタンがあり、いろんな辞書が同時に表示されたり、1つ1つの単語にリンクが貼ってあったり…

 

ひとつひとつは大したことないんですが、多機能なので小さな邪魔が積みかさなっちゃうんですね。

そんなゴチャゴチャしたところに中途半端に長い説明がされていると、もっとゴチャゴチャしてしまって使いにくいんです。

 

 

まとめ

単語帳やコロケーション辞典など、嬉しいサービスがたくさんあるものの、そのサービスのせいで基本的な辞書としての機能が失われています。

なので、良いことの数だけ見るとWeblioにはかなり良い辞書に見えますが、辞書そのものの機能としては弱いです。

 

純粋な意味で「辞書」として使うのにはちょっと使いづらいかもしれません。

 

ただし、様々なサービスが無料で提供されているので、辞書ではなく「勉強ツール」として使うと効果を発揮します。

また、このようなゴチャゴチャとしている見た目と使い方に慣れていけば、使いやすいかもしれません。

 

これだけ機能がありますので、使いこなせれば最強です。

特に、類語・コロケーションなどが自由に使いこなせるようになると、「辞書」というより学習ツールとして大活躍するようになるでしょう!

 

なので、全体的には中級者・上級者向けの辞書な気がします。

意味を調べるだけだったら別の辞書の方が使いやすいでしょう!

 

では、こんなところWeblioの評価はお終いです。

ではまた!

   

 - 英語学習法, 辞書