TOEIC満点の実力。990取ってもまだ苦手なことは?

今日は私の英語の実力を赤裸々にお話したいと思います笑。簡単に言うと、英語ができます!とか言いながら恐らくみなさんが思っているほどできません笑。正直にお話します…笑

改めてこんにちは、Kentaです。

いやー、こんなに勉強してきてまだわからないことだらけなんて、お話するのが恥ずかしいですね笑。

まず、私の経験とか資格を簡単に書きますと、TOEICは満点で、TOEFLも最後に受けた3年前で103点。TOEFLは今ならほとんど満点いける自信があります(すぐに取ります♪)

昔は苦手、というか全くできなかったスピーキングも今ではむしろ得意です。大学院卒業時の英語実技テストでは、ライティング、文法よりもいい成績でした。大手英会話教室でバイリンガル講師として1年間教えたこともあります。

もちろん私なんかより英語ができる人はたくさんいますが、一般的に4技能全てで最上級学習者の評価をもらえるくらいですので、英語学習者としては最高レベルです。

 

そうすると「けんたって英語のことならなんでも、とは言わなくてもほとんど全てわかるんだ!」と思われることもあります苦笑。

実は…そんなことはありません笑。

 

さあここからが本題です。

みなさんの中で、「こいつ、十分できるくせになんか謙虚ぶってやがるぜ」とか思う方がいるかもしれませんがそんなことはありません笑。

確かに全体的にそれなりにできますし、特に学術分野では論文を読んでいても辞書を引くことはありません。書くときに使うくらいです。

しかし、本当にできない部分はたくさんあるんです。少しずつ分けてお話しましょう。

 

1. スラング

これは最も苦手分野です。

大学受験から英語学習を始め、その後はアカデミックな英語ばかりやってきたからです。

例えば簡単な例を出しますと、映画やドラマなどです。

映画やドラマではかなりカジュアルな言葉が使われることがよくありますよね。TEDトークなど、多少難しい話し言葉ならほとんど全てわかるんですが、逆に映画とかだと全くわからないこともあります。

もちろん、95%くらいは確実にわかるんですが、時々本当にわからなくなります

登場人物が怒り始めたら危険信号です笑。怒っているときはそもそも早口になることが多いですし、汚いスラングなどもで出来ます。いわゆるFワードを連発してくれればいいんですが、そうじゃないと本当にわかりません。

そうしてストーリーの大事な部分を逃すことは時々あります。

 

スラングについてもう1つ言うと、実はアメリカにいくまでYou suck!!!「おまえ最低!」という表現を知りませんでした…。逆のAwesome!!!「最高!」っていうのもです笑

awesomeなんて若者の会話では基本中の基本です。アメリカに行った当時はそんなのも知りませんでした。

その後もアカデミックな英語ばかり勉強して使ってましたのでスラングは未だに苦手なのです。

この記事を書く前に、実は私のスラングやカジュアルな表現の力がどれくらいなのか調べるために、昔読んだハリーポッターを見返してみました。

5年くらい前の話で、当時は大学生でした。勉強もかねて読んでいたので、わからない単語はチェックしていたので、その単語が今はわかるのかどうか調べていました。

 

するとなんと!結果的には約半分くらいの単語はわからないままでした!

お恥ずかしい…

 

なのでやはり今もスラングやカジュアルな英語は苦手だといえます。

 

2.単語力

実は単語が苦手です笑

苦手、と言っても10000語くらいは知ってるとは思います。

10000語も知ってるなら全部わかるだろ!という訳ではないです。

もちろんこれだけ知っていれば、何かを聞いたり読んだりして、「わからねー!」と思うことはほとんどありません。

しかしですねー。

実は「わからない!」と思わないのは「わからないことを気にしない」ことを覚えたからです。

これだけ勉強しても、少し難しい内容とか、すごくカジュアルな会話を聞いてるとわからない単語は出てきます。これは半永久的に続くと思います、私の場合は笑。なんせ単語を覚えるの嫌いなんで笑

 

これは私の推測ですが、ある程度英語がわかるようになると、わからない部分を気にしなくなっていくんだと思います。

わからないことを毎回気にしてたら疲れちゃいますからね笑

私はアメリカドラマのフレンズをよく見ますが、見ながらゲラゲラと笑って、わかってる雰囲気は醸し出します

ですが、スクリプトを見てみると「こんなに知らない言葉あったんだ!」とびっくりします。思った以上に多いんですが、気づいてないんですねー。

読んでるときも同じです。読んでる時の法が気づきやすいですが、内容の理解度は100%だと思っているのに、英語に目を向けると知らない単語が多いんです笑。

 

3.プレッシャーの中でのスピーキング

これはもう、かなり苦手です。

普通に話す分にはかなり発音とかにも気をつけて話せますが、プレッシャーがかかると一気にまずスピーキング能力が下がります。

例えば今日は、会社で海外から電話がありました。私から電話をかける場合は全く緊張しないので、それなりに話せます。英語での電話対応とかは勉強しましたので、特に問題はありません。

しかし、基本的に電話がかかってくるのは日本語なのですが、1日一回くらい英語の電話に出てしまいます。日本語だと思ってたところで英語で話され、しかもできる限り1回で相手の名前と会社名を聞き取らないといけません。

英語に突然切り替えるのには問題ないですが、英語だとわかった瞬間に「名前と会社名なんだ?!」と意識を向けないといけません。

日本人と話すよりも、名前、会社名ともに覚えづらいですし、覚えて書くだけに一気に集中します。

すると英語がスポーンと抜けるんですね笑。

Hold on a second. May I have your name again please? など、すごい簡単な文が出てこないんですね。

それだけならいいんですが、自分の英語が一気にジャパングリッシュ発音になっているのがわかります。

なのでやっぱり、私の英語はまだまだ根付いてないんだなー、と思います。

 

以上!

なんか今回はうまく伝えられた気がしません笑。

けどですねー、本当にわからないことだらけなんです。

 

とにかく伝えたかったのは、みなさんも少しくらいわからないことがあってもがっかりしないでください!ってことです。わからないことはいつになってもなくなりません。少しずつ減らしていけばいいんです。

私ももっと英語がんばりますので、一緒に頑張っていきましょう!

ではまた!

      2016/03/09

 - 英語学習法, 英語試験(TOEIC/TOEFL/英検など), 言語修得・バイリンガル