一人英会話のすすめ 話す相手がいないなら自分と英語を話そう 

英語を勉強したいんだけど、話す相手が見つからなくて…と困っているみなさん。最高の英会話パートナーを忘れていませんか?「みなさま自身」です。私は結構やってます笑。自分自身と英会話をするなんて、私はついに頭がおかしくなってしまったのかと思った方、意外と自分と話すのも効果的なんですよ♪

改めましてこんにちは。Kentaです。

こういう意見を聞くことが多いんです。「英会話できる環境じゃない」と。確かに日本にいては毎日英語で話せる相手を見つけることは至難の業です。そうなるとやっぱり高いお金を払って英会話学校に通うしかないんじゃないか、って思うのが普通のようですね。

しかし毎日どこにいても話せる相手はいます。「自分自身」です。

これは時々やろうとしている人やオススメしている人を見かけますが、実は「続けることができれば」かなり効果的です。それはそうですよね。いつでもどこでも英会話ができるんですから。別に名前は付けてませんでしたが、「一人英会話」と名付けてみます!(流行ること間違いなし!)

1人英会話のメリットについてちょっと考えてみましょう。

1人英会話のメリット

  • いつでもどこでも話せる
  • どんなトピックでも自分で選べる。
  • 時間制限がないため、いくらでも話せる。
  • 話す機会が圧倒的に増えるため、英語力が上がる。
  • 常に話すことによって、自分が言えない単語が明らかになる。

まあすごく簡単にですが、こんなところでしょう。特に最後の一つには注目していただきたいです。やはり英会話では「自分が言えないこと」を発見して、それの表現方法を学ぶというのがとても大切なプロセスです。普通の英会話だと時間が限られていますので、その発見は少なくなってしまします。しかし一人英会話だと常に自分が話していますから、自分のわからないところがドンドン見えてくるのです。

しかし全然流行ってませんね~笑。それにはやはりデメリットがたくさんあるからです。ではデメリットを見てみましょう。

一人英会話のデメリット

  • 1人だから会話が続かない。
  • トピックがいつも決まってしまって、常に同じことしか話せない。
  • 教えてくれる人がいない。
  • 間違ってても誰も直してくれない。
  • 相手が自分だとやる気が出ない。
  • 新しいインプットが全くない。

こんなところでしょうか。少し考えただけですが、数的にみてもやはりデメリットの方が大きいですね。

しかし!先ほど書いたメリットは素晴らしいですよね!!!!いつでもどこでも英会話ができるなんて、最高なシステムです。ですから、なんとかこのデメリットを克服することができれば1人英会話は最高の練習になるはずです。やはりここでも、私のいつも心掛けていること「頭を使って工夫する」ということで実はデメリットを乗り越えることができます。では方法を見てみましょう!

「一人だから会話が続かない」「トピックが決まってしまって、常に同じことしか話せない」

これは深刻な問題ですね~。つまらない相手と英会話するなんて、むしろ拷問です。これを解決するためには、さっさと会話をやめてしまいましょう…というのは冗談です笑。しかし、かなりこの理由でやめてしまう人が多いですね。

これを解決するためには、「常に新しいこと」を話し続ける必要があります。「いやいや、そんなことできたら困らないよ~。」と思う方もいるかと思いますが、実はできてしまいます。

まず私が一番よくつかう方法は、「その日に起こったこと、その日の予定」について話すことです。英語日記みたいな感覚ですね。毎日少しずつ違うことをするでしょうから、毎日トピックが変わっていきます。上級者でしたら、常に英語で考えるようにするといいですね。人間はいつも何かしら考えていますから、「腹減ったな~。何食べようかな」でも「今日は楽しかったな~。次の飲み会はいつだろ」とか何でもいいですので、それを英語で考えてみましょう。私が一番よくやるのがこれです。気づいたときに英語に切り替えるんです。

しかし、それも毎日続けていれば同じことを話している、と感じてしまうことがありますね。なのでそれを一歩前進させて、「より詳しいこと」について話すようにすればいいのです。詳しく話すためにもいろいろと方法があります。例えば学生ならば、「今日は英語の授業がある。会話と文法の授業だ。」とここで終わらせないで、『今日学んだ文法事項はこれだ!』『先生はどんな性格だ!』『クラスメートはこんな人がいる!』『私がこの学校の好きなところ!(嫌いなところ!)』などと、どんどん掘り下げていくのです。『クラスメート』という話題をもっと深めて、『このクラスメートとはこの前どこかに行った。そこはどんなところで、こんなことをした。その近くにはこんなことがあって、すごくきれいだった。けど前に行った場所よりはきれいじゃない。そのきれいな場所はこんな場所で。。。』と、別に支離滅裂でもいいんです笑。こうすることで、一つのトピックでもそこから新しいトピックを発見していくことができます。

他には、「なにかをまとめる」ということも大切なトピックになります。例えば、新聞を読んでその記事についてまとめればかなりの練習になります。「新聞なんて難しい!」という方はもっとやさしいものを扱います。例えば、「桃太郎」の話、なんてのもいいですね。最近見た映画とかでもいいと思います。そう考えていくとまとめるものはいくらでも存在しますね。映画、本、新聞、ブログなどなど、思いついたものを何でもまとめて話してみるといいです。

いざとなれば、目の前にあるものなんでもトピックにすることができます。例えば私は今、パソコンでブログを書いていますが、「このパソコンを買ったのはあそこで、他のパソコンよりこんないい点があったから買った。その時はルームメイトが手伝ってくれて…」などいくらでも話を広げることができます。

他にも中・上級者ならば自分自身とディスカッションをするといいですね。English discussion topicsとGoogleで調べればいくらでもトピックは見つかります。それをスマホにでもメモしておけば、いつでもどこでもディスカッションができてしまいます。

どんなトピックでもいいのですが、そこから「詳しく話す」ことによっていくらでも話を続けていくことができます。こうすることで、飽きることなく一人英会話をしていくことができますね!自分のパソコンについて他の人に話したらきっと相手は飽きてしまうと思いますが、話し相手は自分自身です。なんでもいいので自分の頭に浮かんだことを自分勝手に話していきましょう。

 

「教えてくれる人がいない。間違ってても誰も直してくれない。」

これもなかなか大きな問題ですね。やはり、自分自身と話しているとわからない単語が出てきてそこで止まってしまうことが多いです。そこで大切なことは、「どんな手を使ってでも話続けること」です。

ではどのような手段を使って話し続ければいいでしょうか。解決方法は、「そこだけ日本語を使ってしまうこと」です。別に単語が一つだったら何も問題ありません。重要なのは話し続けることですから、気にせずそこだけ日本語にしてしまいましょう。一文全部日本語になっちゃったって構いません。そのあとまた英語に切り替えましょう。そうやっていくうちに、段々と英語で話せることが増えていくことです。

「けど教えてくれる人がいないじゃないか!」というのはごもっともな意見です。そこは一人英会話の一番の弱点だと思います。しかしそれも工夫によってはかなり解決することができます。解決策の一つとしては、「わからないところを完全に無視するのではなく、メモしておくこと」です。会話が完全に止まってしまうようでしたら、まずは頭の中にメモしておき、ある程度話したあとで頭のメモを整理して、どこかにメモをするといいです。そしてそのあとに単語を調べれば会話も止まりません。

ある程度話せる人は、わからない単語が出てくる度に調べてもいいと思います。やはり「あれ、これってなんて言うのかな?」と思った瞬間に学べば学習効率は高いですから、ある程度会話ができる人は毎回調べてしまいましょう。ただそれで会話が頻繁に止まってしまうようだったら困るので、これは上級者向けです。

他には、「わからないところを完全に無視してしまう」というのも一つの手です。こうすることで会話が止まりませんので、ストレスが軽減され続けやすくなります。こうやってわからないところを一人英会話で無視してしまって、他の機会に学んでいくということでももちろん実力はついてきます。一人英会話ではとにかく話すことに焦点を当ててしまう、というのもありです。

あとは「基本的には無視で、本当に気になってどうしようもないものだけ調べる」など、その場に応じて、自分のやりやすいスタイルで続けることも大事だと思います。

わからないところを勉強する方法ですが、正直に言いますと「Google先生に聞く」というのが一番手っ取り早いです。例えば「扇風機って英語でなんだっけ?」と思ったら「扇風機 英語」とGoogleに入れればすぐに出てきます。下手な辞書なんかよりたくさん例や説明が出てきますのでとても便利です。扇風機、などという簡単な単語でしたら辞書でも簡単に見つかりますが、例えば「安保法案」とか調べても出てきませんよね。そんな単語でも、Google先生ならほぼ確実に教えてくれます。

もちろん、辞書は辞書でいいところがありますので、辞書も使えます。辞書やGoogleの使い方については今度書きますが、自分の使いやすいものを使ってください。しかし、Googleならみなさんの疑問をほぼ100%に近い確率で解決してくれるはずです。ただやはり、情報が本当に正しいとは限らないということもありますので、多少気を付けていかなければならないですね。ただし先生に聞いたところで本当に正しい答えをくれるかどうかも疑問ですので、Googleも悪くないと思います。

 

「新しいインプットがない」

これも大変大きな問題です。しかしこれももちろん、解決する方法があります。それは「英語を読んで、それについて話す・まとめる」ということです。中・上級者の方は、英語の新聞でも読んでみて、それについてまとめるといいと思います。読んだ記事をまとめることで、その記事で出てきた単語を学べますし、それを一人英会話に取り入れて話すことで記憶はより定着します。

初心者の方は、何か教科書をベースにやってみたらいいと思います。やはり自然な英語から学ぼうとすると壁が高いので、無理せず教科書に書いてあることをまとめてみてください。

最後に一つ大事なことですが、一人英会話は別に声に出して話す必要はありません。声に出せれば最高ですが、それだと私のように本当に変な人だと思われかねません。私も本当に一人の時は声に出していますが、歩きながら話していると時々思わぬところで人に会ってしまうんですよね笑。なのでできれば声に出した方がより効果的ではありますが、口だけを微妙に動かす、それも嫌なら頭の中で話すだけでも十分に効果はありますので、是非どこでも試してみてください!

 

このように、一人英会話はたくさんのメリットとデメリットがありますが、デメリットは工夫次第で解決することができます。デメリットさえ解決してしまえば、いつでもどこでも英会話ができてしまうという素晴らしい方法です。英会話教室なんて不要になってしまいますね(それはないか)!!!!これが流行れば電車の中では独り言で満ち溢れ、日本人は頭がおかしいのかと外国人に笑われつつも、英語力が格段に上がること間違いなしです。最後の最後にふざけるのはやめましょう笑

 

では、みなさんも自分自身という最高のパートナーを活かして英語力を伸ばしていってください♪

      2016/03/09

 - 未分類