わからない原因をみつける重要性

こんにちは!今回はわからない原因を見つけることがいかに大切なのかをお話したいと思います。

なぜそんなに大切なのか?それは「頭を使って効率的に勉強」するための最初のステップであり、それができないことには効率的に勉強することは不可能だからです。

まず話をわかりやすくするために、英語とは関係ない例をみてみましょう。例えば、ある女性は25歳くらいまでずっと素晴らしい体型を維持してきました。しかしある日突然、1週間ほどで体重が2キロも太ってしまっていたのです。そこで彼女はいつもより多く運動をし、食事制限も始めました。トレーナーまで雇って、最高なプログラムを作ってもらってダイエットをしていました。いつも体型に気をつけているのに、それ以上厳しくしたわけですから、普通に考えればもとに戻ると考えていたのです。しかし体重は増える一方で、いくら食事を減らしても増えてしまいます。
太ってしまうのに考えられる原因といえばいくつかありますよね。お酒やジュースを飲みすぎる、食べ過ぎる、運動不足、年を取って代謝が落ちる、などなど。その女性は病院にまで行って相談していたのですが、初めは「努力が足りないんだ!」の一言だったようです。しかしどう考えてもおかしいため、「寝ている間に無意識で食べてしまう病気」なども疑ったのですが、それでもない。

結局は、実は脳のある部分に腫瘍ができてしまい、それが原因でどんどん太ってしまうとても珍しい病気だったことが数年後にわかり、脳の治療を始めてやっと痩せることができたそうです。その原因がわかるまでは誰も理解してくれず、怠けているから太るんだと言われ、相当苦しめられたそうです。

この例でわかるように、「痩せたい!」という目標を達成するために、一般的に言われている「最高のやせ方」に真剣にチャレンジするわけですが、「本当の原因」が見つかるまではどんなことをやっても無駄になってしまうのです。確かに食事制限や運動で改善する場合も多くあります。しかし完璧な食事制限、完璧な身体トレーニングなどをしても、根本的な原因が間違っていた場合にはなにも改善することはできないのです。

では話を英語に戻したいと思います。

ここでは、「リスニングができない」ということの原因を探ってみましょう。実際の例を出した方がわかりやすいと思うので、もしよろしかったらこのTED talkを聞いてみてください。初めの10秒ほどで大丈夫です。(重要!!!!!字幕もつけられちゃいますが、まずは「字幕なし」でみてください!)

恐らく中級くらいのレベルの人は、早速わからない部分があった方が多いかと思います。ここで「あ~、やっぱりリスニングできないじゃん!リスニングの勉強しよう!」となってはいけません。「なぜ」わからなかったのかを考えてみましょう。

恐らく多くの人は一番初めのI wanna start by .....くらいまでは「よしよし」と思っていたと思いますが、突然I wanna start by offering you a XO▽△.. とわからなくなってしまったのではないでしょうか?実はここではI wanna start by offering you a "free non-tech life hack" と言っています。

ちょっと考えてみてください。みなさんは"Life hack"という単語を知っていましたか?これは「生活を便利にするもの」という意味です。恐らく知らなかった人が多いと思います。それでは、ここの部分が聞き取れなかったのは「リスニング力」の問題ではないということなんです!実は「単語力」の問題なんです!証拠として、もしlife hackということばを知らなかったらI wanna start by offering you a free non-tech life hackという文章を「読んで」理解することはできますか?life hackという単語を知らなかったら「読んで」も「聞いて」もわからないのです。繰り返しますが、そのためここでわからなかった原因は「リスニング」ではなく「単語」の力だった可能性が高いのです。

あとは同じ場所で、non-techのところもなんだか微妙な感じがした方もいるでしょう。恐らく「読んだら」わかりますよね。nonとtechなので、「テクノロジー(technology)がない」だから、「技術を使わない」ってことだろうとなんとなくわかる人が多いかと思います。この場合は「読んだらわかる」のに、「聞いたらわからない」んですよね。ということは、ここがわからない原因はシンプルに「リスニング」の力である可能性が高いです。(そう簡単ではないですが、一応ここではそうしておきましょう)

ここでもう一度TED talkに戻って同じ部分を聞いてみてください。life hackという単語を知っていて、non-techという部分もわかっていたら、かなり聞きやすくなったのではないかと思います。

しかしここで終わりでもないんです!恐らく「いやいや、これでもまだわからないよ」って人もまだいると思います。何度も聞いたらわかったけど、2回目じゃあ微妙だったと。その場合は今度は、「単語力」の問題と同時に「リスニング」も弱いということになります。

このように、単に一つの部分が聞き取れなかったという場合でもこれだけ様々な原因があります。そして「原因」が変わってくれば、それを解決するための「解決策」も変わるんです。もし自分が聞き取れない「原因」を理解せずに「よーし、多聴がいいって聞いたから聞きまくろう!」と100時間聞いたとしても、根本的な原因は解決できません。もちろん、100時間聞けば少しはできるようになるでしょう。しかし単に単語力の問題だった場合にはリスニングなんかせずに「単語帳」を買って勉強すればいいんです。だってさっきのところでもlife hackという単語を知っただけで聞き取りやすくなりましたよね?リスニングのトレーニングは全くしていないのに、です。

「原因」を知ることの大切さ、わかっていただけたでしょうか。正確に原因をつかむことは、最も大切なことなのです。世の中には効率的な英語学習の方法がいくらでもあります。しかしそれが本当に「みなさんにとって」効率的なのか、そこを押さえなければ効率的な学習方法も効果を発揮してくれません。原因がわかったうえで、その次にやっとそれを「最も効率的に」勉強して解決することができるのです。

しかしここまで分析することが大切であると言われても、ここまで一緒になって考えてくれるような先生や学校はなかなかない(というかない?)ので、基本的にはみなさんが頭を使って考えるしかないのです。ですがはじめのうちはやはり手助けが必要です。そこで私ができる限りお手伝いできるようにとブログを書き始めました。まだまだリスニングについてだけでも書くことはたくさんありますので、これから少しずつ原因の発見の仕方、そしてそれを効率よく解決する方法を書いていきたいと思います。いつかブログだけではなく、実際にみなさんと直接話して一緒に原因と解決を考えていけるようなことができればとも、ひそかに思っています。(もしも私の直接指導にご興味がお持ちになった方がいらっしゃいましたらご連絡ください。)

では以上、わからない「原因」を見つけることの重要性についてでした。原因の見つけ方についても少しずつ書いていきますので、これからもよろしくお願いします。m(__)m

      2016/03/09

 - 未分類