噂のピンズラー学習法を試してみた。実際のところはどうなの?

誰でも簡単に英語が習得できたら…

そんなことを思ったことはありませんか?いつも思いますよね笑。私もです笑

 

そんな人のためのとっておきの方法(と開発者は言っているのは)ピンズラーメソッド。これは数十年前にオハイオ大学のピンズラー博士が開発した誰でも簡単に言語習得の方法です。

聞いたことないかもしれませんが、知ってる人は知っているし、なんだかすごいかもしれないと噂されるのがこのメソッド。

私も初めて聞いたのがアメリカで、知り合いのおじさんが、すごい方法があるって聞いたと言っていたので調べたのがきっかけです。

実は日本でもユーキャンの通信教育などで使われている、なかなか有名な方法ではあります。

 

それを実際に試してみましたのでその全貌をレポートします!

ちなみに私が試したのは、ポーランド語の一番初級レベルです。

 

どんなメソッド?

一言で言えば、CDを聞いて練習するだけで言語が習得できてしまうような、夢のようなプログラムです(という売り文句です)。

実際の進め方ですが、一番初めから始める場合は「こんにちは」や「おはようございます」などの簡単な単語から始めます。

「私の言ったことを繰り返してください」などのガイドは英語でした。

とにかく、そのガイドに従って進めていくだけなので、本当にCDを聞いているだけでできてしまいます。

 

まず一番始めの言葉を覚えるときは「ガイド: こんにちは、は英語でhelloといいます。hello,hello,hello。では、繰り返してみてください。hello (リピート)、hello(リピート)」のような感じです。

それをある程度繰り返したあとに、How are you? を学びます。how are you? を繰り返し何度も練習します。

その後、Hello, how are you? というふうに組み合わせて練習することで、復習をしつつ、長かったり難しかったりする文章を作っていけるようになるんですね。

 

どうしてそんなに効くの?

これはピンズラーを開発して売っている人たちのうたい文句ですが、ちょっと紹介します。

  • 耳で英語を英語のまま理解し学ぶので、自然な言語習得ができる!
  • 何度も復習できるようにプログラムされているので、CDを聞いてるだけで自然に復習できて、定着する!
  • CDだけなので、筆記用具もなにも必要なく、どこでもできる!

 

のようなところです。

 

確かに、英語を英語を通して学ぶので、変に日本語を使わずにある意味英語だけの世界に入れます。

 

そして驚いたことに、復習に関しては本当にしつこいくらい出てきます。

正直、しつこい!と思うこともあるんですが、もう覚えたからやめてよ!と一回思ったことがある言葉でも、次の時には忘れてることがあるんですね笑。

なのでこのしつこい復習は本当に便利です。

 

そしてCDだけ、ってところもその通りです。影で教材を売るようなことはしてません笑。

音声だけでできるので、通勤時間にもできてしまうのは嬉しいことですね!

 

果たして試してみた結果は?

ここからは私が実際に使用した経験を踏まえてお話していきます。

上で挙げた売り文句を、1つ1つ検証していきましょう。

 

英語だけだから自然に学べる??

英語を英語のまま学ぶので、自然な言語習得ができる、ということですが、これに関しては半分賛成という感じです。

まず、英語を英語で学ぶことは、ある程度のレベルまではそれなりに効果をあげると思います。

英語の質問に英語で瞬間的に答えなければなりませんので、日本語で考えるという作業をすっ飛ばすことになります。

なので効果が出やすいというのは一理あります。

 

ですが、英語を英語で学ぶだけでいいのは、初心者まででしょう。そのあとは段々複雑になるので、ある程度の文法についての講義などが必要になります。

なので初心者にはいいかもしれませんが、このメソッドで上級までいけるのかどうかは疑問です。

(ちなみにですが、言語を自然に学ぶというのは話にならないほどあり得ない話です。赤ちゃんですら自然には学べません。長くなるので別で書きますが、とにかく自然には学べません)

 

復習ができる!

これについては99点あげられます!

本当にしつこいくらい復習させられます。

そして恐らく、記憶に定着しやすいものや、記憶のメカニズムをそれなりに研究しているのでしょう。

いい感じのタイミングで復習させられます。

復習について一つだけ気になるところがありますが、それはCDのみというコンセプトに関係してますので、次に書きます

 

CDのみだから便利?!

CDだけだと確かに便利な面もありますが、私はマイナス要素の方が大きいと思います。

確かにCDだけなので、どこでも学べるという利点はあります。

ですが正直それだけです。

 

ピンズラーって本当にテキストが全くないんですよ。

だから、もしも学んだことのリストが欲しければ自分で耳から聞いて作るしかありません。

そのため、突然「あれ、あの単語なんだっけ?」と思ったところで探す手段だCDを再度全て聞き直すしかありません。

結構長いので、直前のレッスン内容なら別ですが、2つ前のレッスンで学んだことなんかは見つけるのに相当な時間が必要です。

 

すると何が起こるかといえば、復習が徹底されていると言っている割には逆に復習に向いていない教材となってしまうんですね。

復習の最重要なことは、とにかく数をこなすことです。

ピンズラーのCD内では確かにものすごい繰り返されますが、それでも単語カードや本を使って復習できる回数には到底及びません。

なのでCDとしてはかなりの完成度だとは思いますが、その素晴らしいCDだけに頼ることによって、逆に全体的な学習効率を下げてしまっていると思います。

 

 

総合評価

総合点としては70点くらいでしょう!

なかなか良いとか言っておきながらぎりぎり合格点、と言った感じです。

その理由はコストパフォーマンスが悪いからです。

確かになかなかいい教材なんですが、レベル1だけで29000円します。そればレベル5まであるんですね。

だから正直、みなさん買ってやりましょう!とは言えません。

コストパフォーマンスをそこまで気にせず、とにかく英語ができるようになりたい人にはなかなかいいかもしれません。

 

確かにCD自体のレベルはかなり高く、使い方さえ工夫すればなかなかいい教材になると思います。

ただし、素晴らしいCDにも関わらず、恐らくそれだけやっていてもそこまで伸びないでしょう。

ピンズラー+何か。またはメイン教材のサブとしてピンズラーを使うのだったらなかなか効果的な学習ができると思いますよ!

 

ではまた!

      2016/03/01

 - 英語学習法