英語力を伸ばすには何を音読する?最高のオリジナル音読教材作成法

Bench, Grass, Man, Person, Reading, Sky, Solo

 

英語学習に音読が必要なことがわかっている人は多いと思います。

実際、英語を勉強している人の中でも、とりあえず音読は必ずしている人の方が多いようです。

しかし、ただ音読をするだけでは効果は薄れてしまうことは知っていますか?

野球などのスポーツでも同じですね。

素振りが大切だと言っても、どのように素振りをするかで効果は大きく変わります。当たり前のことなんです。

 

しかし、「今より良い音読の方法がありそうだけど、どうすればいいかわからない…」なんて思っていませんか?

 

そんなことでお困りの皆さんのために!

今回は効果的に英語を学習するための音読教材の作成方法を紹介します!




 

音読の効果

英語学習と言えば安河内先生!

その安河内先生も音読はオススメしてますね。

音読が必要ない、と言っている先生は見たことがありません。

 

音読の効果と言えば…

  • 単語力が上がる
  • 読むのが早くなる
  • 発音がよくなる
  • リスニング能力が上がる
  • 脳が活性化される

…などなど。

正直もう何も説明がいらないんじゃないかというほど良い事だらけです。

ここでは詳しく書きませんが、英語学習には必要な基礎トレーニングです!

 

何を音読する?

さて、音読が大切なのはわかりましたし、音読をしている学習者が多いのも知っています。

 

しかし、何を音読するかというターゲットを絞って音読している人はどれだけいるでしょうか?

音読の効果はもちろん高いですが、何を音読するかによって大きく結果は変わります

 

例えば極端な例を出すと、ビジネスマンが子ども向けの絵本なんかを音読しても効果が薄いのは当たり前ですよね?

じゃあTOEIC向けの本を音読すればいいか?といっても、これはこれで最大の効果を上げられるとは限りません。

では、結局何を音読したらいいのでしょう?

 

スピーキングなら興味がある内容を!

まず1つ挙げられるのが、自分が興味があり、特によく話す内容を音読することです。

話すために音読をするのでしたら、とにかく使える表現を覚えていくことが大切ですので、できる限り自分が話すような内容を見つけましょう。

それをそのまま丸暗記するつもりで最低でも10回は音読し、その中でも使えそうな英語はそれ以上に読んで徹底的に覚えることが大切です。

 

この方法のメリットは、

  • 音読材料を探すのが楽
  • そのまま覚えるので語彙が増える
  • 音声がある場合がある

 

できれば音声付きの記事などがいいですが、それ以上に自分が実際の会話で使いそうな英語であることが大切です。

 

音声を聞きながら音読をすることも確かに大切ですが、話すことに集中する場合には逆効果になることすらあります。

というのも、音声がついている教材は限られており、自分が実際に使わない表現ばかりな可能性があるからです。

 

具体的にはどうやるの?

例えば映画が好きな人でしたら映画についての映画を音読します。

今流行りのファンタスティックビーストなどでしたら、GoogleでFantastic beastsと検索すればいくらでも英語は出て来ます

その中で映画の紹介文や感想などを選んで音読していけばいいのです。

 

そうすることによって、音読して覚えた表現を実際に使える場面が増えます。

映画が好きな人だったら、雑談で話すことも多いでしょう。それに自分が好きなことでしたら、突然「そういえばこの前映画見たよ!」と話し始めても大丈夫です。

練習のために、あえてその話題に持って行くことも可能です。

こうやって、音読したものを実際に使うことはとても重要です。

 

逆に自分の興味がないことではこうはなりませんね。

アートに興味がない人がアートについて音読しても使える機会がありませんし、もし話したとしても会話が続かないでしょう。

 

そのため、自分が興味があることを音読することはとても大切なんです。

 

〜上級編〜 教材を自分流にアレンジ

もう一歩進んで、もっと良い教材を使いたいという方は、教材を自分でアレンジすることです。

簡単に言えば、音読のスクリプトを自分で作ってしまうということです。

 

自分のオリジナルというと難しそうですが…

実はとても簡単です笑

 

今回はオリジナル教材の作り方を2つ紹介します!

 

とにかく自由に自分の言いたいことを書いて教材にする

シンプルなので説明も不要ですね。

とにかく覚えたい文章を自分で自由に作ってしまうんです。

 

例えば、映画が好きだったら…

「最近新しい映画を見て、それがとても面白かったので2回もみてしまいました。その映画の良いところは…」

と、本当に自由に書いて、それを覚えるまで何度も音読するんです。

 

 

この単純な方法のメリットは…

無駄がない。

余計な言葉がなく全て自分の言葉ですので、無駄なことを覚えなくて済みます。

使いやすい。

また、使いそうな場面や相手を想定してアレンジできますので、覚えたことを実際に使える場面も増えるでしょう。

自由度が高い。

何も制約がなく教材を作れますので、自分に合った自分だけの教材を作れます。

 

なんて言ったって、自分が話すような内容を用意しておくわけですから、使える機会もすぐに来ます。

単純ではありますが、即効性はかなりありますよ!

 

見つけた教材を自分の言葉にアレンジする

他にも自分で教材を作る方法はあります。

それは、英語教材やネイティブが書いたものを自分流にアレンジする、または教材から表現だけ盗むことです。

 

完全に自由に作るよりも、こちらの方がメリットは大きいです。

実は完全に自由に教材を作ることには大きな欠点があります。

それは新しい表現を勉強しづらいことです。自分の言葉で書けてしまうので、自分の知っている言葉の範囲で話してしまうんですね。

 

それに比べ、教材をアレンジする方法でしたら自分が知らない語彙もたくさん入れることができます。

それを覚えることで、語彙力アップに繋がるんですね。

 

どこまで元の教材の真似をするかはみなさんの裁量次第ですが、自分が言いたい表現、知らない表現があればどんどん自分オリジナルの教材に取り入れましょう。

 

 

読んだ教材を参考に自由に書くべし!

「とにかく自由に書く」そして「教材を自分風にアレンジする」という方法をご紹介しました。

 

更にコツをお伝えすると、実は…

この2つの良さを取り入れながら、ちょうど中間くらいの意識で書くのがベストです!

 

具体的な方法は、

  1. ひとつ、または複数の教材を読む
  2. 教材の中で覚えたい単語やフレーズにマークを付ける
  3. その単語やフレーズを簡単に覚える(完璧に覚えなくてOK)
  4. 覚えた単語やフレーズをできる限り使いながら自由に書く

 

このように音読教材を作ることで、単語力も増やしながら、自分がすぐにでも使えるような、自分だけのオリジナル音読教材ができてしまいます!

初心者の方は教材からそのまま使う文章を多くして、上級者は自分の言葉を多く使って話すなど、レベルに応じて使い分けるとより効果的ですよ!

 

正しい英語が書けているか不安ならLang-8を使うべし!

最後に気になるのは、やはり自分で書いた英語が正しいのかどうかですよね?

そんなときもある安心!

Lang-8を使って英語の添削をしてもらいましょう!

このサイトを使えばネイティブに無料で添削してもらえちゃいます!

 

自分で書いた文章でも、ネイティブに添削してもらえれば安心ですね!

添削を受けたら完全無欠音読教材の完成です!!!!

 

Lang-8の使い方はこちらの記事をご覧ください!

無料でライティング添削!Lang-8を使って初級~上級者まで英語力アップ!

(別にこのサイトの関係者ではなく、自分が本当に使ってました笑。本当に便利です)

 

まとめ

音読は大切ですが、その効果を最も発揮させるための教材の作り方を紹介しました!

初級者から上級者まで、音読は不可欠なトレーニングです。(やってない人、もったいないですよー!)

 

ただ読んでいるだけではなく、使えるフレーズを増やすんだ!と高い意識を持てば、オリジナル教材作りも楽しいですし、音読にも集中できますよ!

音読をして英語力をガンガンあげていきましょう!!!!!

   

 - 英会話, 英語学習法