映画の「予告」は映画本編よりも学習効果大!使わないと損な理由

 

Film, Projector, Movie Projector, Cinema, Demonstration

 

映画やドラマで英語を学ぶのは、とても流行っていますね。

ですがもう1つ大切なものを忘れてませんか?

それは映画の「予告」です!

 

実は映画やドラマで学ぶよりも良い学習方法なのではと思っています!

あまり知られていないこの方法を今回はご紹介しようと思います!

 

映画・ドラマ本編での学習法の罠

映画やドラマでの英語学習は私も効果ありだと思っています。

しかし!実はうまくつかわないと「勉強しているつもり」になって全然勉強にならないことがあります。

私も勉強しているつもりになってしまっていることが多々ありました。

その理由をいくつか考えてみますと…




 

長い

長いということはかなりの弱点です。

単純に、映画を一回見てしまったらそれだけで2時間から3時間ですね。

その後に勉強するやる気は残っていますか?

多分疲れて勉強に集中できないと思います。

 

そしてそのあとにセリフなどを調べ始めると…

何時間かかっても終わりません。

 

そして全部理解し終わった後に、どこを覚えたらいいのか、どこをもっと勉強したらいいのか…なんてことを考えていたら、いくら時間があっても足りません。

どうやったとしても一本の映画で数時間の勉強時間は必要になってしまいます。

 

セリフの量・質が悪い!

映画で勉強したことがある人はわかると思いますが、セリフの量がとても少ない映画もたくさんあります。

アクションなんて最悪ですね笑。

セリフがあっても「やれ!」とか「くそぉ!負けるな!」みたいな意味のない発言ばかりのことも多いです。

 

あとはやっぱり、別にドラマティックだったり、有名なセリフ出ない限りは勉強する気にならないですよね。

日常的な表現だったら、別にテキストを買った方が良いですし、映画の中の普通のシーンは大体印象に残りません。

 

映画自体が印象に残らないということは、そのセリフも印象に残らない。

すなわち勉強にならない、ということになってしまいます。

 

 

なぜ映画の「予告」?

ではなぜ映画の「予告」がオススメなのか?

 

単純な話ですが、映画の予告ってすっごく面白くないですか?

映画の観客数は予告の出来によって決まると言っている人もいるくらいなので、予告はものすごく内容が凝縮されて、しかも注意深く作られています。

また、観客を惹き寄せるために、覚えやすかったり頭に入って来やすいような言葉をうまく使ってきます。

 

そのため、勉強になるような良いセリフの割合は、映画自体よりも予告の方がぎっしり詰まってます!

なのでそのまま覚えちゃいたいような良いセリフだけしかない、と言ってもいいくらいの質です。

 

これだけ短くて勉強できるような内容が濃い動画って、他にはなかなか見つからないと思いますよ!!(あったら教えてください)

 

 

短いから飽きない!

映画って長いですよねー。楽しいですけど、見るだけで疲れちゃいます。

 

 

ですが予告はとっても短いです!大体の予告が2分程度で終わります。

そのため、予告を2分間見て体力もやる気も残っている状態のまますぐに勉強することができます!

 

わからない単語の意味を調べるなどの作業を入れても、それほど時間がかからないはずです。

なのでその後の練習に多くの時間を使えます!

 

楽しむために1度全部見る(2分)、英語に集中してもう1度見る(2分)、単語を調べる(5〜10分)をしても、どんだけ長く見積もっても、15分もあれば練習する準備ができてしまいます

そのあと15分くらい練習するとしたら、1つの予告は30分程度で勉強が終わってしまいます!

1時間勉強の時間があるなら、徹底的に練習したとしても、2つも勉強できちゃうんです!

 

 

映画を半分見終わることもできないような短い時間で、映画のエッセンスを2本分も学べちゃうんです。

これは映画予告が短くて内容が濃いからこそできてしまうことですね!

 

練習したくなるようなシーンばかり!

映画を観たくなるように工夫されているため、いわば映画の予告は本編からのいいとこ取り。

 

少し練習してもらえばすぐにわかりますが、予告は練習してて本当に面白い場面ばかりです。

ドラマチックだったり、シリアスだったり、感動的だったり、謎めいていたり、本当にそのまま覚えるまで練習したくなるものばかりです!

 

というより、主人公になった気持ちで何度か練習してみると、すーっと頭に入ってきてしまうようなセリフばかりなんですね。

 

恐らくセリフも印象的で覚えやすいものを予告にあえて使っているとは思いますが、サウンドや映像も一緒に勉強するので、頭に入りやすいんだと思います。

 

 

なので、英語学習に一番大切な「練習」をたくさんできますので、英語の実力アップには最高です!

 

発音に効果抜群!

映画予告学習法で一番効果が出るのは発音です。

教科書と違って生の発音ですし、それを繰り返し練習することによってその発音が自分のものになります。

1つ1つの音の発音はもちろんのことですが、それ以上に音のつながりや英語らしい発音というもう1つ高い次元での発音に効果的です。

この効果を最大限に得るためには、とにかく自分が映画の主人公になって、その映画に出演するくらいの気持ちで徹底的にコピーすることです。

口先だけの発音ではなく、モノマネをするかのように全て真似るのがコツです。

声の質、大きさ、話し方、速さ、などなど、モノマネ選手権に出て優勝するくらいのつもりで真似るといいでしょう(冗談抜きです)

そうすることによって、自然な発音が身につくんですね!

 

まとめ

以上、映画予告学習法の紹介でした!

騙されたと思って1度やってみてください!

どうせ無料でできますし、1つの予告で2、3分ですので、もし騙されたとしても大したことありません笑。

 

 

 

(暇人の)私が映画予告でみなさんも勉強できるように記事を書いて無料公開していってます。

私の変な趣味です笑。

流行りのものから過去に人気が出たものまで、これからどんどん充実させていきますので、ぜひ活用しちゃってくたさい!

↓ 映画「予告」のセリフ・訳はこちらで見れますので、是非どうぞ!

映画「予告」のセリフ・字幕Movie Trailer Script

別の記事では、実際どのように映画予告を使って勉強したらいいのかを説明していきますので、そちらも是非よろしくお願いします!

 

ではまた!

   

 - 映画で英語学習, 英会話, 英語学習法