日本人が英語ができないのは常識?悲し過ぎる日本人のイメージ

前回は海外では英語が話せるのがほぼ常識だと書きました。

その常識は日本人にも当てはまるかというと、それは違いますね。

日本で話せる人なんかなかなかいません。

では外国人は日本人に対して英語を話すことを求めているのでしょうか?

 

 

日本人は例外!

みなさんは日本の英語教育の現状をよくご存知だと思います。

話せる人の方がむしろ珍しいですね。

ホテルとか、海外ては当たり前のように英語が通じる場所でもなかなか通じないと聞きました。

実際、私の友人がホテルのフロントで英語が通じなくて、この国はどこに行ったら英語が通じるんだろう?と不思議がっていました。

 

ですがみなさんに悲しい朗報!

 

こんな状況がずっと続いているため、既に外国人は日本人が英語を話せないことを知っています。

そしてもはや、日本人が英語を話すなんて期待すらしていません。

 

 

だから日本に来る外国人とかは、英語ができないからその店には行かない、とならずに、どこ行っても英語話せないからどこでもいいか、となるんですね。

だから日本人の場合は、英語ができなくて当たり前。英語ができたら武器になり、驚かれるという感じです。

 

だから私が英語を話すと、「え、日本人なのになんで話せるの?と驚かれます。

英語を教えてる者としては、なかなか寂しいですねー。まあこの状況も日本らしくて好きですが笑。

 

 

英語が話せればチャンス!

これだけ英語が話せないと思っていると、ある意味チャンスではあります。

相手はできると思ってないんですから、話せれば驚いてくれます。

もし英語が苦手で片言だとしても、相手の期待を超えてしまうことになるんですね!

 

なので、パーティーでも道端でも、外国人に話しかけた時に少しでも英語が話せると、すごく評価は上がります。

外国人も日本のことをもっと知りたい!と思ってるので日本人と英語で話せないんでがっかりしていることも多いです。

なので片言でもいいので英語で話してあげると、相手は喜び、とっても楽しいですよ!

 

 

まとめ

日本人は確かに英語が話せない謎めいた国民として知られてしまっています。

ですがその分、少しでも英語が話せればチャンスなんです!

みなさんが頑張って話せば、思っている以上にコミュニケーションは取れますし、相手も想像以上に喜んでくれると思いますよ!

 

ではまた!

      2016/03/01

 - 英会話, 言語修得・バイリンガル