外資系企業で使われている英語の実態とは?

最近、派遣ではありますが外資系の会社で働き始めました。私のオフィスは日本人ばかりではありますが、さすが外資系、英語が飛び交います。さて、そんなグローバル企業で使われている英語はどんなものなのでしょうか?ちょっと今までの感じてきたことを書いてみようと思います。

改めてこんにちは、Kentaです。

派遣ではありますが、なんとか外資系グローバル企業に潜入することができました!せっかくなのでじっくりと社会科見学させてもらってます笑。

英語教育に携わるものとして、やはり気になるのはバリバリのグローバル企業での英語。

派遣会社でも、「あの会社では英語が飛び交ってるらしいですよ!」と言われていたのでワクワクして行きました。

 

すると早速、外国人発見!日本グループを仕切っているのは、アメリカ人のEさんです。けどEさん以外は外国人がいないんですよね~。最初の挨拶では英語を使いましたが、Eさんは日本語がペラペラなので、みなさんとも半分くらい日本語で話してます。

なんだなんだ、本当に英語使っているのか?と思う間もなく、すぐに他の人たちが英語を使っているのが聞こえてきました。

 

日本にはオフィスがまだ少なく、電話などのやり取りは海外のオフィスとが多くなるようです。なので電話でガンガン英語使ってるんですね~。

それに資料はほとんど英語なので、英語のインプットがかなり多いんです。

そうするとどうなるか???

 

みなさん、ルー大柴のように、英語と日本語を混ぜながら会話しています笑。

なんかもう既に慣れてしまいましたが、特にアメリカ人のEさんのルー大柴っぷりはすごいですね~。

Eさん「I'm going to have a ビデオ会議 with 田中さんと山田さん. But I think 田中さんはちょっと遅れるから、We can start ビデオ会議 without 田中さんだよ。それで......」

みたいな感じです笑。

こういう人たちがどのように英語と日本語を混ぜているのか、ルールなどを研究したら面白そう… 文末が日本語になっていることが多いというのは… というのは置いておいて、本題に戻ります笑

 

とにかく、みなさん当たり前のように英語を話します。

 

ではそんなグローバル企業でバリバリ英語を使っている人たちの英語力はどんなものでしょうか?

 

先に結論を言えば「うまい人はすごくうまいが、そうでもない人はたくさんいる。しかし発音などはうまくなくてもしっかりと交渉や話し合いはできている」ということです。

 

上手な人はやはりうまいです。私なんかよりうまいですね笑。私より英語もできて仕事もできちゃうんですから、もう降参です笑。

上手い人のことは放っておきましょう。グローバル企業ですから、そんな人たちがいるのは誰でも知ってます。

 

しかし、正直に言うと、半分くらいの人たちは、高校英語をちゃんとマスターして、その上にビジネスで使う単語を上乗せした程度です

これはみなさんの英語力を低いと言っているのではなく、それだけ高校英語が大切なんだよ!ってことです。しかも高校に行った方はご存知だと思いますが、高校の英語を全て使いこなすのは相当の難しさです。中学レベルでビジネスは確かに厳しいかもしれませんが、高校レベルがちゃんとできてれば十分できますよ!

半分くらいの人はカタカナ英語の発音を抜け切れていません。一瞬で日本人だとわかる発音です。

 

しかしなにがすごいか?

相手の言っていることをしっかりと理解し、間違えながらも堂々とはっきり英語を話し、目的を確実に果たしていることです。

 

ほとんどが電話での会話を聞いているだけなので、相手の声は聞こえないのですが、私が聞いている限り言葉が原因でコミュニケーションができていなことなんてほとんどないようです。

対面ではなくて、電話でですよ?ジェスチャーもなにもなしで、言葉だけしっかりと伝えています。

これは本当にすごいことです。

あそこまでしっかりとコミュニケーションをとれると、英語の間違いなんて全く気になりません。ただただ英語を使ってしっかりとビジネスができてすごいと尊敬するだけです。

 

やはり発音や文法ができるに越したことはないですが、英語を使って仕事をするにはそこまで完璧にする必要がないんですね。

そんなことより自分が持っている力を最大限に利用してはっきりと話していけば、ビジネスでだって通用するようです。

最近読んだ本にも書いてありましたが、ビジネスで英語を使いたいなら、TOEICなんかの勉強はそこそこにして、もっと実用的な練習をすべきですね。

私のオフィスでも、TOEICを受けさせて900点取れる人は少数派だと思います。しかしビジネス英語力、というか英語を使ったビジネス能力は満点です。

TOEICを頑張っている人たちも目指すところはこっちなんじゃないかな、と思いました。

 

そんなわけで、グローバル企業を潜り込んで感じた、バリバリと英語を使っているビジネスパーソンの英語について書いてみました。

 

みなさんもTOEICが必要だからといってそれだけに捉われず、英語でビジネスをする、留学をする、などなど具体的な目標にもしっかり目を向けて英語学習をしていってみてください!

 

ではまた!

      2016/03/09

 - ビジネス英語