英辞郎は初中級者向けのオススメ辞書!オンライン辞書の入門にはこれだ!

電子辞書でも紙辞書でもなく、私はオンライン辞書を使っています。

実は、電子辞書は使わないどころか持っていません笑。

 

その中でも最も多く使うオススメのオンライン辞書は、アルクの英辞郎です!

 

今日は英辞郎がオススメな理由についてまとめてみます。

 

わかりやすい定義!

なんと言っても辞書で1番大切なことは、調べた単語の意味がわかりやすいことです。

その点では英辞郎は大変優れていて、定義が必要最低限、かつ十分な量で書かれています。

 

本当にちょうどいい量で書かれていますので、調べても定義が短すぎてよくわからない、ってことも、定義がごちゃごちゃしててわからないってことも少ないです。

とにかく、必要な定義の情報がすぐにわかるようになっています。

 

 

例が多い!

定義がシンプルなため、用法についての説明も本当に必要最低限です。

ですが英辞郎の強いところは、例がとても豊富なことです!

特に基本的な動詞や形容詞は例がとても多く、その例を見ていれば使い方が見えてきます

この単語使ってこんなこと言いたいなー、とか思っていると、前後に使うべき単語なども例からわかってしまうことも多いです。

 

ただし、難しい名詞などはさすがに例は少ないですね。

この点ではweblioに負けています。

ただ難しい名詞はそもそも使い方が限られていますし、例がなくてもそこまで気になりませんし、そこまで上級単語ではなければ例は出てくるので、正直そこまで問題ありません。

 

 

 

 

英辞郎の弱点

単語数が他のオンライン辞書に比べると少ない。

私は基本的に英辞郎を使っていますが、時々weblioや他の辞書に変えます。

その理由は、上で書いたように英辞郎で調べられる単語の数がすこし少ないからです。

少ないと言っても普通の辞書並、またはそれ以上ありますが、他のオンライン辞書に敵わないことが多いんです。

 

特に難しい単語やイディオムはweblioを含め、他のオンライン辞書より弱いです。

それがわかっているので、専門用語などを調べるときは、始めからweblioを使ってしまうこともあります。

 

音声が聞けない

発音記号はもちろん載っていますが、実際の音声は聞けません。

性能が高い辞書ではアメリカ発音とイギリス発音が聞けるような今、何も音声がないのは問題外ですね。

 

用法や細かいことついての説明がほとんどない

シンプルさは英辞郎の強みでもありますが、やはり細かい情報が載っていないのは痛いです。

本当に意味だけ知りたいときはいいですが、似ている単語の違いや、用法によっての意味の違いが載っていません。

そのため、意味の違いやニュアンスなどを調べるのには全く役に立たないと言ってもいいでしょう。

 

 

広告が多い

無料だから広告が多少出てくるのはいいんですが、それにしても量が多いですね。

私は使い慣れたのでもう気になりませんが、びっくりするくらい広告が出てきます。

アルクの広告のみなので、たまに有益な情報があるんですが、慣れない人にとっては邪魔でしかないでしょう。

 

 

 

まとめ

全体的にはかなり使いやすく便利なサイトです。

とか言っておきながら、書いてみるとマイナスポイントの方が数が多いんですね笑

 

しかし!

これだけ文句を言いながらもやはり無意識に使い続けているということは、逆に英辞郎の辞書的な機能が優れているからだと思います。

本当に、それほど難しい内容でなければ英辞郎で済んでしまいますからね!

 

 

特に英語のプロではなく、初心者から中級者くらいの方にとっては十分な機能を備えていますし、上級者にとっても最低限は使えるでしょう。

しかも、もし機能が不十分だと思った場合、英辞郎プロというサービスもあって、そちらはかなり機能が充実しているのでオススメです!

プロについてのレビューはまた書きますね!

 

英辞郎、オススメなので是非使ってみてください!

      2016/03/02

 - 英単語, 英語学習法, 辞書