早期英語学習は本当に効果的なのか?

日本では早期英語学習がいいとされて、小学校でも英語教育が始まりましたね(って話題が古いか笑)。けどそれって本当に効果的なんでしょうか?結果から言えば必ずしも早期英語学習は効果的ではないようです。確かに早い方がいいこともありますが、私は結果的には英語学習を妨げるものだと思っています。

今日はそんなことを考えてみます。

改めましてこんにちは、Kentaです。

 

多くの国では早くに英語教育を始めて成功しています。それに習って日本でも始まりました。

確かに子どものときから英語に囲まれて当たり前のように英語に触れていた人は英語がよくできます。

ただしそれが日本人の英語学習者全員にも当てはまるとは限りません。

 

第二言語習得学者たちの間でも、本当に早期英語学習が効果的なのか疑問の声があがり始めているようです。

簡単にまとめると、早期英語学習の効果をあげるにはかなりの量のインプットが必要で、それができないのならば大きな効果はないかもしれない。そして、発音などは早期英語学習によって大きく効果をあげるが、単語や文法の分野では効果は限定的なようです。それに個人差もかなりあるので、人によっては効果がほとんどないとか。

 

こんな難しい話は専門家にお任せして、ちょっと私なりの考察をしてみようと思います。

私は日本での早期英語教育に反対だということを始めに言いましたが、私が一番心配なのは「こんなに早くから何年も勉強したのにできない」と思う学習者が増えることによって、英語に対する苦手意識を持つ人がさらに増え、結果的に日本人の英語力を下げてしまうことです。

現在の多くの大人は、それなりに英語を勉強してきています。中学校から始めて大学でも勉強した人が多いのではないでしょうか。

それでもやはり英語ができない。だからもっと早くから始めればできるのではないか?ということで小学校でも始めたんですね。

自分たちが持っている英語への憎しみを子どもにも持たせたくない、そして英語への恨みでも晴らすかのように。そして自分が英語ができないのは自分のせいではなく、自分が単に早く始めなかったからだ、と決めつけるかのように大人たちは必死です。

まあそれもそうですね。これだけ勉強させられて、全然話せない人が多いんですから。

数学を高校3年まで勉強したのに、今では1+1が暗算でできないようでは、数学に対する恨みができるのと同じです。

きっとHow are you? I'm fine, thanks.くらいの会話は、数学でいうと1+1レベルの超簡単なところです。10年間も勉強してそれが自動的に出てこないようじゃあ、そりゃあ恨みもできます。

 

早期英語学習に話を戻しますが、確かに早くから英語を勉強することで上達する人も出てくると思います。

しかし、それはやる気があったりもともと英語に興味があるような子供たちのみに限定され、大多数の子どもには効果をあげないと思います。

先ほども述べたように、効果をあげるにはかなりのインプットが必要でありますし、週に1時間やそこら勉強したところで効果は期待できません

出典は忘れてしまいましたが、小学校で英語を始めることにより、本格的に中学校から勉強を始める前に既に英語嫌いになっている人が多いと聞きました。

まともに英語を勉強してないのに既に英語嫌いなんですよ。こんな状況ではその後の英語学習の効果も薄れてしまいます。

特に、早期英語学習を始めるなら、かなりの効果を上げないとダメだと思います。英語学習をもっと早めから始めたのにちょっとの変化では、英語コンプレックスはより強くなってしまうでしょう。

今はまるで子供から英語をやればできる!と思われてますからね。それでもできないなら「私は小学校から勉強して人生の半分以上英語を勉強してきたのにやっぱりできない!じゃあ私には英語は無理なんだ!」となってしまいます

子どもの頃からずっと英語に苦しめられるわけてわすから、コンプレックスも今の大人以上のものになる可能性すらあります

私が一番恐れているのはそれなんです。

 

確かに大量の良質なインプットがあれば効果はあがる可能性もあるようですが、果たしてそんなことが可能なのか。

やはり現実的には進学校などではレベルが上がるが、一般人のレベルは下がったまま、もしくはもっと下がるのではないかと思います。

 

で、じゃあどうすればいいのよ!!!!という感じですが、私自身もはっきりとした答えが出ているわけではありません。

ただし、「早期英語学習が正しいんだ!日本人が英語ができない理由は始めるのが遅いからだ!」という声が大きく、それを信じてやまない人が多いように感じるので、早期英語学習が正しいわけでもない、ということも頭に入れながら英語教育について考えてほしいと思ったまでです。

また、英語学習者の皆さんには、「私は英語を始めるのが遅かったからダメだ…」と思ってほしくないのです。

というわけでみなさん、英語は早く始めればできるということではありませんので諦めないでください。英語ができない理由、それは「正しい勉強方法で勉強していないから」です。正しい方法は少しずつ紹介していきますので、みなさん一緒に頑張っていきましょう!

 

ではまた!

      2016/03/09

 - 英語学習法, 言語修得・バイリンガル