なんで英語の単語が出てくるのに日本語が出てこない?意外なバイリンガルの頭の構造

「私は結構lazyな方だからさ~。あれ~?Lazyって日本語でなんていうんだっけ~?」

 

みたいな人、時々いません?笑

正直に言います。

私は昔、こういう人は英語できるから気取ってる調子に乗っている人だと思ってました笑。

ですが。。。

遂に私もそんなことが多発するように苦笑。

 

ルー大柴みたいに英単語を混ぜて話すくらいだったらまだ自分なりにも許せます。

 

しかし!

なんと最近は酔っぱらいながら英語を話していると、どう頑張っても日本語が話せなくなってしまうことがあります

友だちが日本語で話しかけてきてるのに、なぜか英語で返事をする私。「OK、ごめん、今から日本語にする!それでなに?」とか言おうと思ってもそれを英語で言ってしまう始末。

バイリンガルとはなにか?という勉強を少ししていましたが、実はこんなところからもバイリンガルの脳のおもしろい事実がわかるんです

 

実はバイリンガルの頭の中では、一つの言語を使っているときには、その他の言語が混ざってしまわないように、他の言語は無理やり頭の奥深くに閉じ込めておこうとするんです。

そうすることで、一つの言語で話しているときには別の言語が出てこなくなります。

 

しかし面白いことに、みなさんの第一言語(日本語)って、基本的にすごく活性化されているんですね。

だからそれが出てこないようにするには相当なパワーが必要なんです。

実は、英語などの第二言語を話しているときって、逆に日本語を閉じ込めようとするすごいパワーを使っているんですよ。

 

逆に英語のような外国語を閉じ込めるのは簡単なんです。もともと努力しないと使えないような言語ですからね。

 

すると奇妙なことが起こります。

英語で話しているときには日本語はかなりのパワーで閉じ込められていますから、突然日本語に切り替えようとしてもそのパワーが邪魔をして、スムーズにはいかないんです

逆に、日本語で話しているときは英語を閉じ込めるパワーは弱いので、すぐに英語に切り替えられます。

これはちゃんと科学的な実験でも観察されるんですよ~!

 

なので、

英語 → 日本語 への切り替えは難しく

日本語 → 英語 への切り替えは簡単

 

なんです!

日本語への切り替えの方が難しいって、なかなか面白いですね!

 

なので私が酔っぱらったときも、英語を使い始めてしまうと日本語を強く閉じ込めてしまい、酔っぱらったことで頭の切り替え能力がもっと弱まり、母語である日本語が話せなくなってしまうのでしょう。

バイリンガルの頭の中っておもしろいことがたくさんです!(そうでもない!?笑)

 

って、自分の酔っぱらった時のことをなに冷静に分析してんだ!?って感じですが、バイリンガルの脳の構造を表すいい例だと思ったので書いてみました笑

では今回の結論は、私が日本語を話さなくなってきたら酔っぱらっている証拠なので、帰らせましょう。ということです!笑。

というのは冗談で、バイリンガルの脳も研究されていて、いろんなことがわかり始めているんだよ~、という紹介でした。

 

ではまた!

 

      2016/03/09

 - 言語修得・バイリンガル