「英語は苦手」は勘違い!実は周りは気にしていない、またはうまいと思っているかも?

Child, The Little Girl, Anger, Bad Mood

 

「英語が苦手で…」

こんな言葉をたくさん聞いてきました。

確かに日本人は英語が苦手と言われていますが…

 

 

しかし、本当に日本人の多くは英語が苦手なのでしょうか?

私は多くの日本人の場合は、「英語ができないと勘違いしている」だけだと思います。

 

 

さて、「英語ができない」は本当に勘違いなのでしょうか?

例を見ながら考えていこうと思います。

 

 

求められているレベルは低い?

例えば単純な例は、「道を聞かれる」というシチュエーション。

道端で突然道を聞かれたら、スムーズに答えられる人は多くはないと思います

 

Go straight for two blocks. You will see a convenience store, and make a right.

 

こうやって言えれば最高ですね。

ですが、そんなにうまく言えるもんじゃありません。

 

 

多くの人は、こうやってお手本通りに答えるべきだと思っているのではないでしょうか?

 

お手本はどこかで習ったのに、全く言葉が出てこない…

そういうのが理由で「英語がまだまだできないな」と思ってしまうのではないでしょうか。

 

 

 

しかし!

実際にここまで求められていますか?

 

絶対にこんなレベルは求められていません!!!!

 

 

最低限求められている英語と言えば、

 

ストレート!コンビニエンスストア。ターン(指で右を差す)

 

これを全部カタカナ発音で言えれば、十分です。

 

むしろ英語が苦手だからと、モジモジしてしまい、自信なさげに答えられた方がわかりづらいし、聞いた方は不安にもなります。

 

それならはっきりと、文法なんか気にせず自信を持って答えればいいんです。

聞きたいのは「行き方という情報」であって、みなさんの英語力なんてどうでもいいんですね。

 

 

私も実際に海外旅行をしている時にそんな場面に遭いました。

 

私が英語で道を尋ねると、何だかモジモジと話してくれたんですが、全然わからないですし、結局説明を諦めてしまいました。

 

 

その人も、間違いなく簡単な道案内はできるくらいの英語力だったのですが、なぜか「英語ができなくてごめんね」と言ってきました。

 

私からすれば、「英語ができないこと」に関しては全く何も思っておらず、むしろ私が現地の言葉を話せないことに対して謝りたかったです。

そして「ストレート、ライト、ストレート!」くらいの簡単な英語がでいいので、自信を持って説明してほしかったですね。

 

恐らく多くの人がそう思っているはずですが、やはり英語ができないと勘違いしている人にとってはプレッシャーなんですね。

 

 

上級者も英語ができないと勘違い?

上の例は初心者でしたが、上級者でも同じ勘違いをしている人はたくさんいます。

 

例えば、バーで外国人に話しかけられて、英語ができないから話せない…。そんなパターン。

 

「一応コミュニケーションはとれるけど、英語は本当に苦手。」

 

こう言う人は私の周りに本当に多いです。

 

私から見ればペラペラと話しているのに、本人たちは本当に英語にコンプレックスを持っているんです。

 

「外国人が日本語を話す」という逆のパターンを考えてみると、「英語が話せてない」がただの勘違いだとすぐわかります。

 

 

 

道端で突然外国人に、

 

「すみません、東京駅に来るは、どこで換えるはいいですか?東京駅いきたいです」

 

と聞かれたらどう思いますか?

 

 

あえて少しだけ変な日本語の例を出しましたが、これくらいの間違いだったら別に気になりませんよね?

むしろ英語じゃなくて日本語で頑張って話しかけてくれたことに対して好感すら覚えるはずです。

 

けどもしかその外国人が、

「こんな短い文で間違いを何度もしてしまった…やっぱり日本語下手くそだから次からは英語で話し掛けよう…」

と、思っていたらどうしますか?

 

みなさんなら必ず「いや、それは勘違いだ!上手ですよ!」と心から褒めるに違いません。

しかも口先じゃなくて、これだけ言えれば本当に上手だと思うでしょう。

 

 

同じように、皆さんの英語も実は上手だ!と思われているかもしれません。

 

 

「完璧じゃないけど、十分だ」

 

そう思ってもらえればいいんですね!

 

 

だってみなさん、外国人がもし『は』と『が』の使い方を間違えていたら、気になって笑っちゃいますか?

誰もそんなこと気にしませんよね。

 

英語だって同じです。

aとtheを間違えたって、複数形にし忘れたって、誰も気にしません。

そんなの気にするのはうるさい英語の先生か嫌な奴だけですから、そういう人は放っておきましょう笑。

 

 

まとめ

このように、話していれば確かに文法の間違いなどは気が付きます。

 

しかし、「文法がめちゃくちゃだから英語が下手だ」とか「小さいミスをするから英語が下手だ」というのは、全くの勘違いです。

日本人は細かいところを気にしすぎますが、相手はそんなことを気にしていない場合がほとんどです。

 

確かにネイティブからしたら下手でしょうけど、ネイティブじゃないんだからそれでいいんです。

 

もしかすると、本当にペラペラ話している人よりも、間違えてでも一生懸命話してくれる人に対しての方が好感度は高いくらいですよ。

 

みなさんが思っている以上に、周りは何にも気にしていません笑。

そんなことよりも、間違いを恐れずに積極的に英語を話していきましょう!

      2016/09/25

 - 英会話, 英語学習法, 言語修得・バイリンガル