自由英会話をやっても全く伸びない?!楽しいだけの罠にハマらないために覚えておくこと

英語力を伸ばそうと英会話教室に通っている人はたくさんいると思います。

その中でも、どこの英会話教室でも見られるコースは自由英会話のコース。
やはり授業形式ではなくたくさん話すので、英語力が伸びると信じられているのでしょう。
しかし、この人気の自由英会話ですが、私はある意味で全く効果のないものだと思っています。
他の学習方法と同じく、効果のある部分もありますが、全く効果のない部分もあり、それ気づかずに自由英会話をしている人が多いのです。
自由英会話ではどんなことに効果があり、どんなことには効果がないのか、まとめてみました。

自由英会話が効果的な部分

既に知っている英語表現を活性化

自由英会話の最大の長所はこれです。
特に日本人に自由英会話が必要なのは、これが理由だと思っています。
自由英会話をすることで、勉強してきたことを実際に使うことができるようになります。

どのような勉強も、まずはインプットすることから入りますね。

まずは何かを頭に入れます。
ですが英語、特にスピーキングはそれだけでは足りず、知識をアウトプットに使える状態にしないといけません。
ほとんどの日本人はインプットの状態で終わるから、アウトプットができず、会話になると一言を話せなくなります。

その状態を抜けるためには、やはり大量のアウトプットが必要で、自由英会話はそれを改善する最高の手段の1つです。

自由英会話をすることでアウトプットが増え、その結果頭の中にある英語が活性化され、より強い使える英語になっていきます。

 

EQ強化

IQという言葉は聞いたことがあると思います。Intelligence quotientの略です。
ではEQは知っていますか?
これはemotional intelligence quotientです。
名前の通り、感情をどれだけコントロールできるかという指数です。
英語でもこれが大切だと言っている人もいます。
というのも、特に日本人の場合は英語で話そうとするの緊張したり、変にいろいろと意識してしまって話せなくなるんですね。
日本語で話す時のことを考えるとわかりやすいでしょう。
例えばいつもは日本語をペラペラ当たり前のように話せると思いますが、就活の面接などではどうでしょう?
ほとんどの人が緊張して言葉を詰まらせ、明らかに日本語能力が落ちるはずです。
それと同じことが英語を話すことに慣れていない人にはいつも起きてしまうんです。
学問的にEQという言葉の使い方は正しいかどうかは別として、英語を話す時にも緊張をうまくコントロールするだけでも格段にうまくなります。
簡単に言えば、英語を話す時にも緊張しないようにトレーニングするのです。
そこで大切なのが、とにかく間違いを恐れずに話すことです。
そんなこと言われても緊張してしまうのが普通ですが、自由英会話などですがとにかく英語を話す機会を増やすことによって、段々と英語に対する抵抗が弱まります。
すると緊張も弱まり、話す時に英語の能力を最大限に引き出すことができるようになるのです。
この点を改善するためにも、自由英会話はとても効果的てす。

コミュニケーション能力向上

最後に、全体的なコミュニケーション能力の向上も大きな利点です。
自由英会話のトレーニングを積んでいけば、もしも言葉が出なくてもなんとか伝えられるようになってきます。

言葉を言い換える、ジェスチャーで伝える、うまく間を置いて思い出す、話題を変えてしまうなどなど、わからない言葉で会話が止まってしまった場合にはいろいろな対処法があります。

自由英会話によってそれらをうまく使えるようになり、うまくコミュニケーションできるようになりますし、会話が止まったらどうしよう?」という不安からも解放されることによって緊張が取れます。
そうすることで英語力も確実にアップします。

自由英会話の効果が弱い部分

さて、ここまで自由英会話の効果的な部分を見てきました。
やはり会話が苦手な人にとってはとても重要な練習方法であり、私は誰もが通らないといけない道だと思っています。
しかし、自由英会話はある意味とても極端な練習方法のため、効果が出ない部分は全くと言っていいほど効果が出ません。
では、どのようなところには効果はないのか、見てみましょう。

新しい英語表現を覚えることができない

先ほど述べたように、自由英会話をしていれば「もともと知っている表現」は使えるようになってきます。

 しかし重要なのは、自由英会話をしている限り、よっぽど意識しない限りは新しい表現は頭に入らないということです。

自由英会話で新しい表現を覚えられる人もいますが、もともと言語習得が得意な人でないと難しいでしょう。

また、「もともと知っている表現」は使えるようになると書きましたが、これも実はあと一歩踏み込んで考える必要があります。
というのも、多くの人は「知っているけど、自信がない英語表現」を使わずに避けますし、「知っているけど、アウトプットできるほど定着していないもの」はアウトプットしたくてもできません。
そのため、もともと知っている表現も使えるようになるかは怪しいのです
こう考えると、自由英会話で活性化されるのは、「ほぼ頭の中で確実な知識として自信があり、同時に多少は使えるくらい既にアクティブなもの」だけです。
なので、これに当てはまる表現はどんどん上手になるかもしれませんが、それに当てはまらない多くの英語表現はなかなか上達しないのが現実です。

間違いを直すことができない

最後に、自由会話をしているだけでは間違いを減らすのも難しいということは頭に入れておきましょう。

自由に話している時に間違いを直していては話が進まないため、基本的には直さないことが多いですね。

だからと言って直そうとすると、本当に話が進まずつまらないものになり、何のために自由英会話をしているのかわからなくなってしまいます。

 

そのため、「間違いを直す」ことと「楽しく英会話」をすることは、ほぼ逆の関係にあるんですね。

時に例外的に、間違いを直しながら楽しく会話できちゃう人もいますが、そんなのは話し相手がプロ中のプロか、単に才能があるか、文法オタクなのかくらいです。(私ならむしろ、なんでその間違いはだめなのか、じゃあこの表現はどうだ。。。と盛り上がってしまいますね笑)

 

当たり前のことですが、間違いを直さなければ間違いはなかなか減りません。そのため、直される機会が少ない自由英会話では間違いが治りにくいんです。

 

 

まとめ。

こんなところで、自由英会話については以上です。

 

マイナス点の方が数的には少なかったですが、これを意識しないと大問題になってしまいます。

特に、上で挙げた弱点を意識せずに続けて、全く内容がない会話がペラペラと話せる状態になって抜け出せない、なんて人も多いかと思います。

 

なんだか効果のありそうな学習法ですし、自由英会話を続ければ超簡単なことはペラペラ話せるようになりますから、多くの人が罠にハマってしまいます。

How are you?  I'm fine!

What are you gonna do on Saturday?  Well, I'm gonna see a movie

といった、本当に簡単なことは自由英会話をしているだけで身に付きます。

なので話せる気分になってしまいます。

 

しかし、突然難しい話題になったりビジネスの会話になったりしたら手も足も出ないということになってしまいます。

 

 

「自由」英会話だとしても、テーマや場所だけを自由にして、やはり「学習する」という目的はしっかりと固定するべきです。

そうでないと、自由英会話ばかりやって、結局なんだかある程度のレベルまでしか伸びないということになります。

自由英会話はとても効果がある学習法ではあると思いますが、「頭を使わずに」自由に話すだけの、本当に自由なだけの英会話になってしまいがちだと思います。

効果はあるものの、手軽にできてしまう学習法だからこそ、自由英会話をするときには注意してください!

今度は、こんな自由英会話を効果的に使う方法も紹介したいと思います!

ではまた!

      2016/04/08

 - 未分類